事業案内

business

社名の由来

company name

ダックス〜感動提供企業を目指して〜

ダックスという社名は、世界的有名なキャラクターからヒントをもらっています。
彼はいつも全身全霊、たびたび欠点を見せますが、主役たちを一層輝かせている健気で憎めない名脇役です。
私たちは彼のようないつも全力な姿勢をもち、お客さまを輝かせる自動車業界の名脇役になりたい。その想いから「ダックス」という社名がつきました。

志事

our works

私たちのこの自動車ガラスの仕事は、大手自動車メーカーでも成し遂げられない志事(しごと)である。
技術力や、商品のクオリティの高さだけでなく、それらを取り囲む付加価値を磨き、お客様へご提供することが私たちの仕事です。

  • マーケットシェアNo.1

    当社はガラス交換・ガラス修理において業界でのシェアNo.1です。

  • 店舗数No.1

    ダックスでは直営店を関東エリア・中国エリアに展開しています。

  • 安定経営

    創業以来、安定経営を続けています。安定した経営を続けているからこそ、社員満足度に力をいれることができます。

1982年の創業以来提供している自動車ガラスのリペア・交換サービスは現在年間で5万台以上の施工実績を誇り年々その数は増加傾向にあります。この他社を圧倒する、確かな実績と豊富な経験がダックスの強みです。豊富な経験から様々な車種、車メーカーに対応できるノウハウの蓄積や技術力が磨かれることに繋がっていると私たちは考えております。

テュフ認証取得

certification

世界基準の技術力 
ガラスリペアショップ認証
(テュフ認証)を取得

国内初、世界の第三検査機関から認定取得

2018年国内初となる自動車の「ガラスリペアショップ認定」を5店舗同時取得。
テュフ認証は国際的な基準で監査が行われ、基準に達した店舗に対して認証が発行されます。
ダックスでは、世界トップクラスの第三者検査機関であるテュフラインランドジャパンと協同で自動車ガラス交換修理メンテナンスショップの監査・認証制度を構築し、この認証制度に基づき、直営店に対して監査を行っています。
基準に達した店舗に対して随時「ガラスリペアショップ認証」を発行しています。テュフラインランド社が持つ、ヨーロッパにおいて広く使用されている監査項目をベースとし、ドイツ本社の知見や経験をもとに日本の市場に適した項目を選別・採用しました。
世界でもトップ基準の第三者検査機関であるテュフラインランドジャパン様としても、自動車ガラスに関しては国内初となる監査・認証制度になります。

ガラスリペアショップ認証の主な要件

  • ガラスリペアショップの外観、第一印象
  • マネジメント、スタッフおよびトレーニング
  • 車両受入およびサービス、セールス
  • 部品の管理および保管
  • ガラスリペアショップのオペレーション
  • エーミング、安全機能センサー類のキャリブレーション
  • ガラス交換、修理品質、品質管理プロセス
  • 設備・機器

ダックスの技術力向上の取り組み

improvement of technical ability

G1グランプリ 技術・知識・接客コンテスト

わたしたちは自社スタッフの「技術力」「人間力」を磨き、高め続けることに注力しています。2020年1月12日には技術コンテストである「第一回G1グランプリ」を開催。 山陰・山陽・関東エリアの店舗に在籍する約180名の中から予選を勝ち抜いた9名が3部門にわかれ、大勢が見守る中、日頃の技術を競い合いました。
この催しは自社スタッフが自分の仕事にプライドや誇りをもち、技術力、モチベーションを向上させ、結果的に自動車業界全体の活性化に貢献することを目的として企画しています。

PDI事業部

pdi

ディーラー様からの委託業務で新車の納車前整備を行っています。現在、岡山1拠点・山陰2拠点にてカーナビ・オーディオ・バックモニター等の取り付けをメインに、納車時のお客様の笑顔の為の業務を行っています。